未経験者向けの求人で採用してもらうコツ

未経験の業種や職種にチャレンジしたいと考えて転職する人が多くなってきました。企業としても十分な数の人材を確保する目的で未経験歓迎の求人を出しているケースがありますが、応募しても何度も落とされてしまう人も大勢います。未経験でも良いとはいえ、企業としては戦力になる人材を求めているので、十分に企業の立場を理解した上で対策を立てないと採用されません。

コツとして自分が何をやりたいかよりも、企業がどんな人材を探しているのかを重視して書類や面接の対策を立てておくことが挙げられます。企業研究をしてみると事業を展開する上でどのような人材を確保しようとしているのか、風土としてどのような性格の人を求めているのか、未経験でもどんなバックグラウンドや興味を持っている人を探しているのかといった点が見えてきます。その企業を研究しただけではわからなくても、同じ業種の企業と比較してみたり、グループ会社を確認してみたりすると見えてくるものがあるでしょう。

このような十分な研究をした上で、求められている人材像と自分をうまく重ね合わせてもらえるように志望動機などを書くようにします。そして、面接の質疑応答でもその観点を重視して答えるようにすると必要な人材だと考えてもらえるでしょう。

このような研究をしないままむやみに応募を続けていてもなかなか採用されることはありません。あくまで企業のニーズに応える人材だと伝えることが重要なのです。